借金問題に強い法律事務所:解決事例借金問題に強い法律事務所:解決事例

過払い金 事例過払い金 事例

その他の事例集はこちら

自宅を残して、クレジットカードなどの借金を大幅にカットすることができました

30代 男性 公務員

債権者 依頼する前の借金 依頼した後の借金
銀行A(住宅ローン) 25,000,000円 25,000,000円
クレジットカード会社B   1,400,000円   300,000円
クレジットカード会社C   1,000,000円   200,000円
クレジットカード会社D      750,000円      150,000円
クレジットカード会社E   1,300,000円      250,000円
クレジットカード会社F     60,000円        10,000円
クレジットカード会社G      800,000円      150,000円
クレジットカード会社H   1,050,000円      200,000円
クレジットカード会社I   1,050,000円      200,000円
クレジットカード会社J      150,000円        30,000円
通信会社K      300,000円        60,000円
通信会社K

            500円

           100円
消費者金融L   2,600,000円      500,000円
消費者金融M      500,000円      100,000円

権回収会社N

  1,050,000円      200,000円
保証会社O        60,000円        10,000円
合計 37,070,500円 27,360,100円

 月々返済額33万円を、3万8000円に減額することができました(返済期間5年)(住宅ローン返済金額を除く) 

 

【借金の事情】

ブランド品の購入や飲食代としてクレジットカードを利用するうちに、1000万円以上に膨らんでしまいました。公務員ということもあり、こんなに大きな金額を借りることができたようです。

 

【財産の状況】

持家。その他は特に財産なし。

 

【債務整理の方針】

住宅ローンを除く負債総額が1000万円以上と多額でしたので、自己破産することも十分考えられましたが、結婚と同時に購入したマンションに強い愛着があったこと、破産した場合、免責不許可事由(浪費)に該当すると考えられたため、住宅ローン条項を利用して個人再生を選択しました。

<コメント>

持家で、住宅ローン残高がある程度残っている方の場合、住宅ローン特則付きで個人再生を利用することが、非常にメリットのある債務整理となることが多いです。
お客様の声
img-822091650-0001

費用が安く助かりました。 また、全てがスムーズに終える事が出来大変感謝しております。(2013年10月2日)

一覧に戻る

このページのTOPへ戻る

Pagetop