借金問題に強い法律事務所:料金について借金問題に強い法律事務所:料金について

※ご覧になりたい項目をクリックしてください。

過払い金 ~ 当事務所の特色 ~

¥0 ご相談は何度でも無料です

~ 当事務所の特色 ~

① 過払い金の返還が見込まれる場合には、着手金、実費のお支払いは、
 過払い金を回収してからの後払いで結構です(依頼時にかかる費用がゼロ)。
② 減額報酬、解決報酬金は頂いておりません。
③ 訴訟提起するしないにかかわらず報酬金は回収金額の20%+消費税
    (訴訟提起する場合は別途実費がかかります。)。
④ お支払いは分割でも構いません。

料金体系

完済している業者の場合

着手金0円

報酬金 1社につき
回収金額の20%+消費税
実費
(訴訟提起
する場合)
訴状に貼る収入印紙代、
予納郵便切手代、
商業登記簿謄本取得代

取引継続中の業者の場合

着手金1社につき3万円+消費税

報酬金 1社につき
回収金額の20%+消費税
実費
(訴訟提起
する場合)
訴状に貼る収入印紙代、
予納郵便切手代、
商業登記簿謄本取得代

費用の事例

費用例1

過払い金の回収金額   350万円

(50万円+100万円+200万円)

費用の合計          75万6700円

  • A社から50万円 (完済、訴訟提起なし)
  • B社から100万円(完済、訴訟提起なし)
  • C社から200万円(完済、訴訟提起あり)
    の過払い金を回収した場合

(費用の内訳)

着手金 0円
報酬金 A社 10万5000円(50万円×0.2+消費税)
B社 21万円(100万円×0.2+消費税)
C社 42万円(200万円×0.2+消費税)
実費 2万1700 万円
(C社に対して訴訟提起した際の収入印紙代1万5000円、予納郵便切手代6000円、商業登記簿謄本取得代700円。
回収金額が同じでも、ケースにより異なりますので、
あくまでも参考としてお考えください。)
お客様に返金した金額  274万3300円
(過払い金の回収金額350万円-費用の合計75万6700円)

費用例2

過払い金の回収金額   440万円

(20万円+120万円+300万円)

費用の合計      101万3700円

  • A社から20万円 (取引継続中、訴訟提起なし)
  • B社から120万円(取引継続中、訴訟提起あり)
  • C社から300万円(完済、訴訟提起あり)
    の過払い金を回収した場合

(費用の内訳)

着手金 A社 3万1500円
B社 3万1500円
C社 0円
報酬金 A社 4万2000円(20万円×0.2+消費税)
B社 25万2000円(120万円×0.2+消費税)
C社 63万円(300万円×0.2+消費税)
実費 2万6700円
(C社に対して訴訟提起した際の収入印紙代2万円、
予納郵便切手代6000円、商業登記簿謄本取得代700円。
回収金額が同じでも、ケースにより異なりますので、
あくまでも参考としてお考えください。)
お客様に返金した金額  338万6300円
(過払い金の回収金額440万円-費用の合計101万3700円)

過払い金についてページへ

任意整理 ~ 当事務所の特色 ~

¥0 ご相談は何度でも無料です

~ 当事務所の特色 ~

① 過払い金の返還が見込まれる場合には、着手金、実費のお支払いは、
 過払い金を回収した後の後払いで結構です(依頼時にかかる費用がゼロ。)
    (過払い金を回収した場合には過払い金についての費用が適用されます。)。
② 減額報酬、解決報酬金は頂いておりません。
③ お支払いは分割でも構いません。

料金体系

着手金
1社あたり3万円+消費税
報酬金
0円
実 費
原則不要

費用の事例

費用例1

費用の合計          12万9600円

A社、B社、C社、D社の4社との間で、
3年間の分割払いするとの内容で和解することが
できた場合

(費用の内訳)

着手金 12万9600円(3万2400円×4社)
報酬金 0円
実費 0円

費用例2

費用の合計      34万5600円

A社、B社、C社との間で3年間の分割払いするとの
内容で和解することができ、D社(取引継続中、
訴訟提起なし)から100万円の過払い金が回収できた場合

(費用の内訳)

着手金 12万9600円(3万2400円×4社)
報酬金 21万6000円(100万円×0.2+消費税)
実費 0円

任意整理についてページへ

このページのTOPへ戻る

Pagetop