借金問題に強い法律事務所:解決事例借金問題に強い法律事務所:解決事例

過払い金 事例過払い金 事例

その他の事例集はこちら

No.35 消滅時効を援用して、支払義務をなくすことができました(5)(70代 男性 川口市在住)

15年前を最後に返済できなくなっていた6件の負債(元金の合計220万円)がありましたが、長い間放置していました。最近になって、1社から簡易裁判所に支払督促申立てをされました。裁判所に督促異議申立書を提出するとともに、消滅時効期間が経過していたため、6件すべてに対し時効援用通知を発送して消滅時効を援用した結果、その後連絡はなくなりました。

<コメント>

簡易裁判所から支払督促が届いても、消滅時効期間が過ぎていれば、消滅時効を援用することにより債務をなくすことができる場合があります(その場合でも、必ず裁判所に督促異議申立書を提出することが必要です。)。業者に不用意に連絡することなく、弁護士等の専門家にご相談することをおすすめします。
お客様の声
20191120162127-0001

親切ていねいでとてもわかりやすくたすかりました。(2019年11月19日)

一覧に戻る

このページのTOPへ戻る

Pagetop